引越し

引越しを簡単にしたい

粗大ゴミに多くを処分してしまうこと

粗大ゴミに多くを処分してしまうこと

引越しを決めた時には、引越し日までに粗大ゴミの回収が何日あるかチェックします。出来れば早い段階の粗大ゴミの日に合わせて、自分の持っている家財道具の仕分けをするのです。

いつも使っているもの以外のストックしてあるものをチェックしてみると、今後も使いそうにない物が多い事が分かります。思い出の品で何年もおいておきたいものもあるかもしれませんが、その大半は無駄なものなので処分することにします。

コミック本や、小説など価格がつくものに関しては、古本屋さんにまとめて売却することが良い方法です。それ以外に、ちょっとした整理棚や、テーブルや椅子など、小物類があった場合にはリサイクルショップに持ち寄って、売ってしまうのです。
粗大ごみ02

リサイクルショップでの買い取り価格はかなり低いので躊躇してしまいますが、気合いを入れて捨てるという感覚で全て売ってしまう方が良いと思うのです。

新しい暮らしが始まるので、気分的にリフレッシュ出来ると思います。新しい場所で住んでいて、気になったらお店に行って買いに行けば良いのですから、そのようなショッピングを楽しむ事も想定するなら、引越しの道具を大きく減らすのは悪い事ではないと思います。

気合いを入れて捨ててしまえばかなり減るのではないかと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional