引越し

引越しを簡単にしたい

料金は割高に

引越作業の肝はコレでした。

画像の説明
引越の経験が1度もないという人も少ないかもしれませんが、かなり多いですという人も少ないと思います。
だいたいが、数回程度なのではないかと思います。

私も、記憶にある限りでは4回だけです。
そのうち2回は、実家に住んでいた子供の頃の話で1回は結婚に伴う引越でした。
実家から新居へというのは、荷物も少なく家族で終らせてしまいました。
ですから、自分個人が引越を手配したというのは1度だけです。

結婚と同時に住み始めたアパートから、一軒家への引越でした。
子供が増えたからか、荷物は想像以上の多さでした。
キチンと収納していた物を引っ張り出して、不用品の選別をするだけで苦労しました。
この部屋のどこに、こんな量が収納できていたのかと自分で驚くほどでした。
これは、結構経験のある人が多いかもしれません。
つまり、これが引越作業の肝なんだと思います。
新居に不用品を持ち込みたくないというのは、きっと誰でも同じで
す。
そして、不用品なのか判断がしにくい品に悩むのも、きっと誰でも同じで時間がかかります。

荷物の積み下ろしなどは、プロの引越屋に頼みましたが、自分で思っていたよりも引越というのは大変な作業なんだなと感じました。
とにかく、荷物の分別だポイントなんだと思います。
もし、引越の予定がある人がいたら、早めに分別に取り組むだけでも引越作業がラクになるかもしれません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional