引越し

引越しを簡単にしたい

値切り交渉について

値切り交渉について

"値切り交渉は必ず複数の業者から見積書を貰って、相対的に検討しましょう。

また、それに加えて日時を指定しないで、すべて業者任せというのも値切れる大切な要素となります。
値切り交渉で大切なのは『やみくもに値切らない』です。
画像の説明
例えば、「10万円は高いからもっと安くしてくれ」という交渉の仕方はよくありません。業者側からみれば、いくらなら引き受けてくれるのかが分からないため、値引きがしづらいのです。

また、担当者が値引きの権限を持っていない場合は、上司に値引きの許可を貰うこととなります。その場合、いくら値引けば請け負えるのかが分からない限りは上司も値引きに消極的です。
つまり、「あと2万円値引いてくれたら御社に依頼します」などと、具体的な値段を提示することによって、業者も値引きしやすくなるのです。

このように、引っ越しシーズンは格安の引っ越しができにくい環境であることには間違いありませんが、それでも業者を選んだり、値切り交渉時にちょっとしたテクニックを使えば格安で引き受けてくれるときもありますのでしっかりと活用をしていくことで自分が思っている以上の値段で引っ越しをすることが可能になってきますので積極的に使っていきたいものです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional